腰痛の様々な原因と改善するために必要な体のケア

腰痛になってしまう原因はいくつかあります。

その原因の多くは、日常生活の中に潜んでいるといっても過言ではありません。

では、どんな所に潜んでいるのでしょうか。

腰痛の原因について、調べましたので参考にしてください。

日々の生活の中で起こりうる腰痛の原因

腰痛になってしまう原因はいくつかありますが、その原因の多くは日常生活の中で潜んでいるといっても過言ではありません。

まずは、長時間のドライブデスクワークです。

これらは事務や長距離ドライバーなどに多く見られますが、長時間同じ姿勢を保ち続けるのは腰に大きな負担をかけてしまいます。

人間は座っている状態でもその姿勢を維持するために筋肉を使っていて、運動に比べると筋肉の使用量少ないことで自覚症状がなく、徐々に疲労が蓄積していくのです。

毎日の生活に欠かすことのできない家事にも、腰痛になる原因が潜んでいます。

普段何気なく行っている掃除や料理は、前屈みの姿勢になることが多いです。

自分では気が付かないうちに腰に負担を掛けてしまって、その積み重ねが腰痛の原因に繋がるのです。

同様に子育てや介護などを行っている人も注意が必要になります。

小さい子供を抱っこやおんぶをするのは、重い荷物を持つのと同じで腰への負担が大きい行為です。

重い物を持ち上げる時は勢いをつけずに無理のない姿勢で、少しずつ持ち上げることが大切になります。

介護においても、普段取らないような姿勢になったり、慣れない筋肉の使い方によって腰への負担が大きくなるので注意が必要です。

 

睡眠時の姿勢が腰への疲労を蓄積させてしまう

日常生活以外にも腰痛の原因はありますが、意外に自覚していない人が多いのが睡眠時による腰への負担です。

腰痛で悩んでいる人の中には、朝起きると腰が痛いと感じる人も少なくありません。

これは睡眠時の姿勢にその理由が隠されています。

人間にとって睡眠は欠かせない重要な物で、睡眠の質が健康へ影響を与えるほどです。

人は睡眠時に無意識のうちに自分が最も寝やすい体制を取りがちですが、腰への負担を考える上では仰向けで寝ることが最も負担が少ないとされています。

しかし、この仰向けの姿勢においても、正しい姿勢がキープができていなければ負担を軽減することはできません。

仰向けの体制になったときに腰が沿ってしまうタイプの人は通常よりも腰を痛めやすくなるので、膝の下にクッションや枕を入れて膝を曲げた状態で寝るのがおすすめです。

もし、すでに腰痛を発症している場合は、横向きの状態で膝の角度を調節しながら腰に痛みを感じない姿勢を取っても問題はありません。

布団の選び方も腰への負担を軽減するためには重要です。

睡眠中に寝返りがしやすい高反発マットや、血液の流れを良くする効果が期待できる布団など自分の症状や体に合わせた物を選ぶことが大切になります。

 

自分の腰痛の原因を知って正しいケアを心掛ける

腰痛は主に日常生活の動きの中で起こる動作的原因や置かれている環境によって起こる環境的原因のほかにも、加齢などによる筋肉の衰えから来る個人的な原因といったさまざまな物が考えられます。

重い荷物を運んだり持ち上げたりした時は腰への負担も大きいためすぐに気が付きます。

しかし、何気ない日常生活の中で起きている小さな負担には簡単に気が付くことができません。

当たり前の動作の中にも腰痛の原因は潜んでいることもあります。

疲れを蓄積させないように、意識的に負担を減らす努力が大切です。

デスクワークや長距離運転といったどうしても負担が避けられない状況であれば、数時間おきにストレッチをして体をほぐすことで腰への負担だけでなく血流の改善にも繋がります。

人間の健康に欠かせない毎日の睡眠においても、しっかりと体と心のケアができるように使用する布団やマットレスから見直しを始めることが大切です。

加齢による筋力の衰えは人間にとって避けることはできません。

しかし、若い時から正しい姿勢を保って、腰痛の予防やケアをを行っていれば、仮に筋力が衰えたとしても腰痛に悩まされることも少なくなります。

もし腰痛に悩んでいる場合は、自分の生活の中にある原因を見つけて解消することが重要です。

効果と価格で徹底比較!腰痛対策マットレス総合ランキング

▼腰痛マットレスを選びたいなら♪▼腰痛マットレス>>腰痛マットレスの詳細情報はこちらから確認できます!<<