腰痛と上手く付き合う為に

現代人の多くが腰痛持ちと言われています。

風邪のように完治させるのは難しく、日常的に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

我々現代人が腰痛とうまく付き合うためには、どんなことに注意したらいいのでしょう。

腰痛の悩みと上手く付き合う方法について、ご紹介します。

腰痛は日頃の疲労の蓄積で起こる

腰痛は腰に痛みが伴うため、体の動作に気づかうことがあります。

ひどい時にはピキッピキッと歩くたびに神経に激痛が伝わる程、重度な痛みに悩み、寝込む事もあります。

腰痛を癒す為にマッサージや薬を使用しますが、即効性はなく、時間をかけて痛みが和らぐのを待つのが現状です。

腰痛になると風邪のように一度治れば完治する訳ではなく、日常的に腰痛に悩まされます。

腰痛になるきっかけは様々です。

  • ぎっくり腰
  • 腰に負担が掛かる作業を日常的に行うこと
  • 長時間座り続けること

腰痛の原因は、日常の生活で行っている動作が原因です。

日頃から腰に負荷がかからない事を意識する事が、腰痛を未然に防止する事に繋がります。

腰痛はいきなりなる訳ではありません。

日常生活で腰に負担が掛かる作業で腰に疲労が溜まり蓄積され、限界に達して腰痛を発症します。

そのため、腰痛を未然に防ぐ方法は日頃から腰のケアを行う事が必要になります。

腰痛に効果がある事は背筋を伸ばす事やストレッチウォーキングマッサージなどがあります。

ストレッチは時間をかけて筋肉の緊張をほぐす事が効果があり、ウォーキングは背筋を伸ばす事を意識すると、より効果を得られます。

マッサージは御自身で行う事も良いですが、知人に行ってもらう事でリラックス効果を得る事が出来て筋肉の緊張をほぐす働きを手伝います。

 

腰痛が発症した場合

腰痛が発症した場合、無理に動き続けると悪化するので、腰を休ませる必要があります。

腰に負担が掛からない姿勢を保つ事が必要になりますので、御自身が楽になる姿勢を取る事が必要になります。

腰痛はいつ、どのタイミングでなるか分かりません。

立ち上がろうとした時や座ろうとした時などにいきなりなります。

ひどい時は立ち上がる事ができない程の激痛が伴い、ご自身だけでは身動きができない事もあります。

この場合、慌てずに、誰かに助けを求める必要があります。

また、助けを求める相手がいない場合は、しばらく様子を見て腰の度合いを確かめる事が必要です。

腰痛がさらに悪化すると、入院や治療、最悪手術を行う必要もありますから、慎重に行動して動けそうな時まで待つことも必要です。

睡眠中も、腰痛の悩みが付きまといます。

腰痛と睡眠姿勢は関係があるので、睡眠姿勢を間違えると腰痛を悪化させたり、腰痛の痛みに耐える必要になります

腰痛にも種類があるので、どのような睡眠姿勢が適しているとは一概に言えません。

しかし、長時間同じ姿勢で寝続けると腰に負担が掛かるので、横向きになって寝る事が腰に負担をかける度合いが低いです。

 

腰痛に打ち勝つ力

 

腰痛になる原因は腰に過度な負荷が掛かったり、疲労が蓄積して、腰に限界がきて腰痛を引き起こします

年齢が若い時は腰痛に悩まされる事は、ほとんどなかったはずです。

腰が痛いと思う事はあっても、いつの間にか痛みがなくなっているといった程度だと考えます。

年齢とともに、目には見えませんが体の衰えや、日常生活でのストレス、不規則な生活、栄養バランスの偏った食生活、定期的な運動の低下なども原因で、体力の低下や衰えがある事は体感しているはずです。

いつまでも若々しく健康でいるためには、するべきことがあります。

社会人になると仕事に追われ、ご自身の時間のゆとりを持つ事は難しいでしょう。

しかし、腰痛になるとモチベーションが下がり、気力が薄れます。

腰痛を防止する為には、以下のことを気を付けることが大事です。

  • 日常生活で腰に負担をかけている動きを見直す
  • バランスの良い食生活
  • 質の良い睡眠(寝具の見直し)
  • 定期的な運動

腰痛に無関係ではありませんので、行えることから少しずつ改善することが、腰痛を克服する事に必要になります

効果と価格で徹底比較!腰痛対策マットレス総合ランキング

▼腰痛マットレスを選びたいなら♪▼腰痛マットレス>>腰痛マットレスの詳細情報はこちらから確認できます!<<