良質な睡眠にこだわる方必見!あなたはベッド派?布団派?

理想的な睡眠をとるために、ベットにしようか布団にしようか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

ここでは、ベットと布団それぞれのメリット・デメリットについて考えてみました。

自分のライフスタイルに合わせて、ベットが良いか布団が良いか選ぶ時の参考にしてみて下さい。

やっぱり楽ちん!便利さを考えるならベットが一番!?

理想的な睡眠を得るために、ベットにしようか布団にしようか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

ここでは、ベットと布団それぞれのメリット・デメリットについて考えてみました。

自分のライフスタイルに合わせて、ベットが良いか布団が良いか選ぶ時の参考にしてみて下さい。

まず、ベットのメリットは、直接床に接していないのでカビが生えにくいという点です。

また、布団の上げ下ろしをしなくて良いので楽で、足腰が悪い方は特に起き上がりがスムーズにできます。

本棚が付いていたり、ベット下に収納ができるスペースがあるものなど、種類もさまざまなものが出ているので、お部屋の間取りや用途別に選べるということも魅力です。

ダニの死骸やほこりなどは、床下から約30センチの間を舞うことが調査で分かっています。

ベットの寝る位置は床下から30センチ以上はあるので、ほこりの少ない場所で快適に眠ることができます。

一方でベットのデメリットとして、大きな家具なのでしっかりと考えて選ばないと買い替えがしにくいことが挙げられます。

特に、狭い部屋では大きなベットは圧迫感を感じることがあり、収納付きのベットは高さが高くなる傾向にあるので、逆に足に負担がかかることもあります。

 

狭い部屋でも気持ち良く眠れる!布団のメリットとデメリットは?

ベットも布団もそれぞれに良い面を持っていますが、布団の最大のメリットは空間を広々と使えることではないでしょうか。

ベットの場合は、部屋の大小に関わらず睡眠スペースを必ず確保しなければいけません。

布団の場合、上げ下ろしをすれば睡眠スペースは自由に使用できます。

特に居住スペースと睡眠スペースが一緒になる間取りが少ない部屋では、突然の来客に対応できるスペースを確保できるのはたいへん助かります。

また、布団は敷く場所を自由に選べるので、寒い冬や暑くて寝苦しい夜はエアコンの良く当たる場所に移動して快適な睡眠を取ることができます。

その他にも、お天気が良い日には天日干しができるので、気持ちの良いふかふかの布団で眠れるのも魅力です。

お日さまにしっかりと当てた布団はとても良い香りがしますね。

この香りをかいで眠る時の脳波と嬉しい気分の時の脳波は同じという説もあるので、快適な睡眠を得るには太陽に当てた布団で寝ることが良いようです。

布団のデメリットとしては、毎日の布団の上げ下ろしが面倒なことが挙げられます。

また床に近いために誇りが舞いやすい位置に顔があるので、アレルギーなどの症状がある方は普段の掃除をまめにしなければいけません。

 

ベットと布団 睡眠環境で優れているのは結局どっち?

ベットと布団のメリット・デメリットについて、それぞれの特徴を挙げて比較してみました。

欧米化が進んできた現代においてベットの普及率は年々増加の傾向にあります。

しかし、日本の昔からの寝具である布団を使用している方もたくさんいます。

ベットにはベットの、布団には布団の優れた面があり、どちらとも優劣をつけ難いのが事実です。

理想的な睡眠を得るためにベットと布団のどちらにしようか悩んでいる方は、それぞれのメリット・デメリットを考慮して、自分のライフスタイルにピッタリ合ったものを選んでいくと良いでしょう。

ベットと布団の大きな違いは収納できるかできないか、寝ている時の高さが高いか低いかに集約できます。

この2つの違いがメリットにもなり、デメリットにも作用するのです。

ベットの方が向いている場合として、布団から起き上がるのがたいへんな方やアレルギーを持っている方は、ベットの利用で理想的な睡眠を得やすくなるでしょう。

また、布団が向いている場合として、寝相が悪くベットだと落下する心配がある方やこまめに洗濯や天日干しをしたい方などで、布団を使用することで快適な睡眠を確保できるでしょう。

効果と価格で徹底比較!腰痛対策マットレス総合ランキング

▼腰痛マットレスを選びたいなら♪▼腰痛マットレス>>腰痛マットレスの詳細情報はこちらから確認できます!<<