睡眠の重要性とは?睡眠不足がもたらす問題と解決策

睡眠の重要性は人間が1日のうち、1/3を睡眠時間にあてることからも明らかでしょう。

睡眠は人間が健康に生きていくために、必要不可欠なものなのです。

そこで、睡眠の重要性について調べましたので、ご参考にしてください。

なぜ睡眠が必要なのか

睡眠の重要性は人間が1日のうち、1/3を睡眠時間にあてることからも明らかでしょう。

睡眠は人間にとって、必要不可欠なものなのです。

睡眠を取る理由には、体を休めることと脳を休めることの2通りあります。

体を休めることで、毎日活動をすることが出来ます。

しっかりと睡眠をとらないと、疲労感が抜けにくくなるのです。

そして、体を休めること以上に大切なのが、脳を休めることです。

脳は起きている間、常に活動しています。

眠っている間も、生命を維持するために必要な処理をたくさんしています。

睡眠には深い眠りと浅い眠りがあるのですが、深い眠りについているときに様々なホルモンが分泌されます。

成長ホルモンには、代謝を促して傷ついた組織を治す働きがあるのです。

また、免疫力が上がったり、臓器を休める役割も睡眠にはあります。

したがって、健康にとっても睡眠は大切ということです。

睡眠はメタボ解消にも効果的なものです。

眠っている間に分泌される成長ホルモンは新陳代謝を促す作用があるため、脂肪燃焼効果が期待出来ます。

また、食欲を増進するグレリンを減らし、食欲を抑制するレプチンを増やすことも可能です。

メタボを解消するということは、生活習慣病にかかるリスクを減らせるということです。

 

睡眠障害になる理由とは

睡眠障害にはいくつか種類がありますが、一般的に睡眠障害というと不眠症です。

不眠症と聞くと、睡眠時間が短いために日中眠気に襲われる、なかなか眠りにつくことが出来ないなどを想像する人が多いでしょう。

不眠症と一口にいっても、症状は様々です。

  • なかなか眠りにつくことが出来ない入眠障害
  • 寝ている間に目が覚めて、再度寝ることが難しくなる中途覚醒
  • 睡眠時間が少ないのに早くに目が覚めてしまう早期覚醒
  • 睡眠時間が少ないわけではないのに眠いと感じる熟睡感欠如

睡眠障害になる主な原因は、ストレスによるものです。

精神的な病気にかかることで、症状の1つとして不眠症になることもあります。

しかし、睡眠が不足することでストレスが解消されず、不眠症になることもあるのです。

人間は眠っている間に、ストレスを解消しています。

そのため、睡眠が不足するとストレスが上手く解消されず、それが原因で不眠症になってしまうことがあります。

また、睡眠が不足するとコルチゾールが多く分泌されてしまうのです。

コルチゾールには、交感神経を活発にする働きがあります。

交感神経が活発に働くと寝つきが悪くなってしまうため、不眠症になりやすくなるという悪循環に陥ります。

睡眠障害があるということは、それだけ人間にとって睡眠の重要性は高いということなのです。

 

良質な睡眠を取る方法

理想的な睡眠時間は、7時間~8時間です。

しかし、忙しい現代人がそれだけの睡眠時間を確保することは困難でしょう。

睡眠は量よりも質が大切です。

短時間の睡眠のなかで、どれだけ深い眠りにつけるかが重要なのです。

深い眠りにつくためには、副交感神経を活発に働かせる必要があります。

副交感神経とは自律神経の1つで、交感神経と対になっています。

副交感神経を活発に働かせるためにはリラックスすることです。

ストレッチマッサージなどを行って血液の流れをよくすることも、副交感神経を活発に働かせるには効果的です。

体を温めすぎると交感神経のほうが活発に働いてしまうため、注意が必要です。

副交感神経は、交感神経と対になっている神経です。

したがって、交感神経を刺激しないことも大切なのです。

交感神経は強い光によって刺激を受けやすいです。

テレビやパソコン、スマホなどの画面の明かりは交感神経を刺激しやすいため、眠る直前まで利用するのは控えましょう

コーヒーなどに多く含まれるカフェインや、お酒に含まれるアルコールは交感神経を活発にしてしまい、寝つきが悪くなります。

寝つきが悪くなると睡眠の質が下がるため、飲みすぎないように注意してください。

効果と価格で徹底比較!腰痛対策マットレス総合ランキング

▼腰痛マットレスを選びたいなら♪▼腰痛マットレス>>腰痛マットレスの詳細情報はこちらから確認できます!<<