寝心地の良さを求めるならポケットコイルマットレスがオススメ

ポケットコイルマットレスとは、ポケットコイルと呼ばれる独立したスプリングを一つずつ袋につめて独立性を高めたマットレスです。

ポケットコイルマットレスが最高の寝心地をあなたに提供します。

ポケットコイルマットレスの特徴

比較すべきマットレスとしてボンネルコイルマットレスがありますが、これはコイルが独立せず左右に繋がっているため、実際に寝てみると硬めのイメージを受けてしまいます。

ポケットコイルマットレスは、コイルが独立しているためマットレスにかかる体重を分散させることが可能です。

このタイプのマットレスであれば、体の凸凹に対してコイル一つ一つが反応して、体にフィットするというメリットがあります。

そのため、睡眠中の体の負担を軽減し、快適な睡眠をもたらしてくれます。

寝返りを打った場合にも、腰のラインにしっかりとフィットしてくれるため腰痛にもなりにくく、腰痛マットレスとも呼ばれています。

ポケットコイルは、コイルの硬さにより「ソフト系」、「レギュラー系」、「ハード系」の3種類に分かれていますので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

最近では、「ソフト系」と「ハード系」を一つのベッドで混在しているものもあり、頭や背中、足元が硬めになっていて、肩周りや腰回りがソフトになっているものも販売されています。

ポケットコイルマットレスのメリットとデメリット

ポケットコイルマットレスのメリット

腰痛マットレスとも呼ばれる、ポケットコイルマットレスにはメリットがあれば、デメリットもあります。

メリットとして真っ先に挙げられるのは、独立したコイルにて体を支えるため、体の部分ごとでマットレスの沈み方が異なり、体重のかかる肩や腰は大きく沈み、その他の部分は沈まないようになっています。

そのため、体にかかる負担を分散してバランスの良い姿勢で寝られるのです。

また、コイルが独立しているため、振動が全体に伝わりにくいこともメリットです。

このようなメリットのおかげで、体への負担が少なく腰痛にもなりにくく、熟睡もしやすいマットレスとなっています。

ポケットコイルマットレスのデメリット

一方、デメリットについて挙げてみると、耐久力がボンネルコイルよりも悪いことが挙げられるでしょう。

コイルが独立しているマットレスであるため、集中的に体重のかかる部分がへたりやすくなってしまいます。

独立して配置されているコイルは一つずつ布が被せられています。

そのため空気の通り道が少なく、ボンネルコイルと比較すると通気性が悪いのもデメリットです。

さらには、ポケットコイルマットレスは、シングルタイプでも約460本から650本でのコイルにて構成されています。

そのため、ボンネルコイルよりも多くのコイルを使用するため、価格が高くなってしまうのも難点と言えるでしょう。

ポケットコイルマットレスの価格相場

シングルタイプのマットレスにて比較すると、ソフトタイプや、レギュラータイプのポケットコイルマットレスであれば25,000円から30,000円程度で購入できます。

固めに仕上げられたハードタイプであると、およそ40,000円程度の価格となります。

最近人気の、部位によって硬さが異なるゾーンタイプでは、40,000円から50,000円程度での購入が可能です。

ただし、この価格は全て国内生産のポケットコイルマットレスですので、例えば中国産や韓国産などでは、もう少し安い価格で販売されていますので、1万円程度から販売されているものを見つけることもできます。

しっかりとした、ポケットコイルのマットレスを購入したいのであれば、2万円から3万円くらいの価格帯のものを探すのがオススメです。

しかし、フランスベッド社やシーリーなどのブランドもののマットレスとなると更に高価になりますが、ブランドバリューとなっていることもありますが、マットレスの生地に通気性の良いものが使用されているなど、それなりに高価な訳があります。

また、ボンネルコイルタイプのマットレスの場合は、ポケットコイルマットレスよりも数万円安く購入ができます。