生産国で特徴が違う?高反発マットレス国別比較!

最近になって、低反発よりも快適な睡眠時間が得られるということで人気を集めているのが高反発マットレスです。

高反発マットレスの歴史は海外の方が長いということもあり、いろんな国で生産されているのが特徴です。

そこで、生産国別に高反発マットレスを比較したいと思います。

高反発マットレスは海外が主流!

最近になって、低反発よりも快適な睡眠時間が得られるということで、人気を集めているのが高反発マットレスです。

高反発マットレスとは、沈み込む低反発の素材とはまったく間逆のもので、硬いウレタン素材で作られているため、体をしっかりと支えるのが特徴です。

そのため、首から肩、腰にかけて余計な負担をかけず、肩こりや腰痛を改善することから腰痛マットレスとも呼ばれています

寝心地に関していえば、若干低反発よりも劣ってしまいます。

しかし、体に負担をかけない分目覚めたときに体の節々が痛いということもなく快適な眠りが実現できることで、日本で着々と愛用者を増やしています。

そこで、気になるのがどのような種類のものを選べばよいのかについてです。

実は高反発マットレスの歴史は海外の方が長いということもあり、いろんな国で生産されているのが特徴です。

国別に人気を比較してみると、やはりトップに出るのがアメリカです。

老舗の寝具メーカーが高反発マットレスを多数販売しているのでトップのシェア率を保持しているのです。

他には、中国イギリスフランスが主な生産国となり、これらは国内のネット通販でも購入することができます。

国内でも素材にこだわったものから、大手企業がプライベートブランドとして、低価格で売り出しているものなどたくさん販売されています。

 

高反発マットレスの特徴は国ごとに違うの?

高反発マットレスが生産国で特徴に違いがあるのか比較していきます。

まず、高反発マットレスを販売している老舗メーカーが多いアメリカです。

歴史が長い分マットレスに使用するウレタンなどの素材自体が高品質で価格も少々高くなるのが特徴です。

アメリカに限らず海外製の多くは品質が良いため、日本のアスリートが広く利用していることでも知られています。

しかし、実は国内で使用するには、不向きな種類のものもあります。

なぜなら、生産国の気候に合わせて作られるため、湿度が高い日本では、ムレて寝心地が悪くなったりカビが生えるなどのトラブルを招くことがあるからです。

その点、国産であれば日本の湿度の高さにも柔軟に対応できるよう作られているので、安心して使用することができます。

高反発マットレスに使用されるウレタン素材は基本的に通気性があまりよくないので、海外製のものを購入するならコイルタイプのものがおすすめです。

ノンコイルタイプだと薄型でさらに通気性が悪くなってしまいます。

ちなみに、中国製は他のメーカーに比べて安価で手が出しやすいですが、メーカーによっては品質に心配なものもあるので注意が必要です。

ネットで購入する場合は、高反発マットレスで調べるよりも腰痛マットレスで検索するとランキングが出て調べやすくなります。

 

高反発マットレスを選ぶポイントまとめ

高反発マットレスの特徴を国別ごとに紹介してきましたが、実際のところ、この国のものが一番いいというのは一概にはいえません。

なぜなら、低反発マットレスに比べて、高反発マットレスは使用する素材や作る工程によって、メリット・デメリットが大きく分かれてしまうからです。

そのため、生産国にこだわるのはもちろんですが、マットレスの特徴を理解して自分に合ったものを選ぶのが一番大切です。

高反発マットレスと一言でいっても、物によっては低反発と併せて作られていて反発力が弱めのものだったり、反発力が強めでしっかりと体を支えるものであったり特徴が異なります。

購入するときは、マットレスの特徴についてしっかり調べておくと失敗することもありません。

国内生産されたものが日本人の体に合うように作られているので一番失敗しにくいですが、海外製にこだわるなら通気性の良いコイルタイプを選ぶのが必須です。

また、アメリカやイギリス製は高品質で高価格のものが多いですが、高反発マットレスは安くても品質の良いものはたくさんあるので金額にこだわる必要はそれほどありません。

ただ、中国製に関していえばあまりに低価格なものを選ぶと粗悪品に当たってしまう可能性があることを頭に入れておく必要があります。

効果と価格で徹底比較!腰痛対策マットレス総合ランキング

▼腰痛マットレスを選びたいなら♪▼腰痛マットレス>>腰痛マットレスの詳細情報はこちらから確認できます!<<