素晴らしい目覚めのための腰痛マットレス選び

腰痛予防のマットレスの選び方で1番気になるのが、硬さではないでしょうか。

痛みを軽減するためには柔らかいマットレスが良いと思いがちですが、実はそうではありません。

そこで、腰痛予防のマットレスの選び方のポイントをご紹介します。

腰痛を防ぐには?自分に合ったマットレス選び

腰痛マットレスの選び方で1番気になるのが、硬さではないでしょうか。

痛みを軽くするには、柔らかいマットレスが良いと思いがちですが、実はそうではありません。

柔らかすぎるマットレスは腰部分が沈みすぎてしまうため、負担がかかり、腰痛が悪化してしまう可能性があるのです。

理想的なマットレスを選ぶポイントは、横になった時に腰や肩が沈まずに、身体が平行になるものを選ぶことです。

できるだけ立っている時の姿勢に近いものを選ぶことが大切です。

寝ている時間は長く、間違った姿勢で過ごすことになれば、無意識に負荷がかかることになります。

せっかく休息をとったつもりでも、「朝起きてすぐ腰が痛い」という状態になってしまっては、身体を休めたことにはなりません。

また、寝ている時の負担をできるだけ減らすためには、寝返りをたくさんうつのも効果的です。

寝返りをうつことで体重の重みでかかる負担を減らし、腰痛を防ぐことができるのです。

身体を包み込むような柔らかいマットレスは、寝返りには不向きです。

適度な硬さをもつものを選び、腰部分がへたってきたと感じたら、定期的にメンテナンスするか、買い替えるなどの処置が必要です。

マットレスの寿命は長くても、5年ほどだと言われています。

定期的に見直すことで、快適な眠りを手に入れましょう。

 

日本の気候にぴったりの通気性の良いマットレス

腰痛マットレスの選び方で2番目に気になるのが、通気性です。

人は、寝ている間にたくさんの汗をかきます。

汗が蒸れてしまうと、寝苦しさを感じることになります。

汗がそのままマットレスの中にとどまればカビやダニの原因にもなり、衛生的な面でも良くありません。

また、人が快適に眠れると感じる気温は、29度と言われています。

この温度をキープするためにも、通気性は重要です。

体温が上がり過ぎることを防ぎ、汗による湿度を逃がすことで、季節を問わず布団の中が快適な温度と湿度に保たれるからです。

マットレスを含み、寝具は毎日長時間使うものです。

お手入れが簡単で快適に使えるものを選ぶことが、快眠を手に入れるポイントとなります。

適度な硬さがあり、通気性を追求するなら、高反発のマットレスがおすすめです。

寝心地を追求した高反発マットレスの中には、極細繊維状樹脂などの特殊な素材を使ったものも多く、丸洗いできるものもあります。

また通気性を良くしてある分、ぎゅっとつまった低反発のものと比べて身体の重みを分散させてくれる効果があり、寝ている間の負担を軽減することができます。

通気性の良い高反発のマットレスは、湿度の高い日本の気候にぴったりの寝具だと言えるでしょう。

 

高額すぎず耐久性に優れたマットレスがおすすめ

子供の頃ならどんな場所でもぐっすり眠れたのに、夜中に何度も目が覚める。

ぐっすり眠ったはずなのに疲れが取れない。

そんな経験をしたことがあるなら、それは寝具が合っていないのかもしれません。

今使っているマットレスは何年目になりますか?

腰の部分が薄くなったりしていませんか?

もしそうなら、自分にぴったりの寝具を探すチャンスです。

正しい寝具で眠ることは、身体のメンテナンスをすることと同じです。

反対に自分に合っていない寝具で眠ることは、腰痛を悪化させることにもなりかねません。

この機会に、しっかりと自分に合ったものを探しましょう。

腰痛マットレスの選び方のポイントは、硬さ、通気性、そして耐久性です

どんな素晴らしいマットレスでも、すぐに駄目になってしまうようなものは避けましょう。

本体またはカバーが手洗いできるもの、自分でお手入れがしやすいものがおすすめです。

また、通気性の良いものは汗や湿度による劣化も少なく、耐久性が高いものが多いため、コストパフォーマンスにも優れています。

マットレスは高価なものもありますが、それでも一生使えるものではありません。

定期的に買い替えるつもりで選びましょう。

自分にあったマットレスで眠ることは喜びです。ぜひ一度体験してみてください。

効果と価格で徹底比較!腰痛対策マットレス総合ランキング

▼腰痛マットレスを選びたいなら♪▼腰痛マットレス>>腰痛マットレスの詳細情報はこちらから確認できます!<<