腰痛マットレスで本当に腰痛に効果があるマットレスを厳選比較

マットレス館|腰痛マットレスおすすめランキング

腰痛マットレスとは?腰痛を改善するマットレス選び

腰痛マットレスの選び方

年齢による老化などで誰にでも起こりうる腰痛
歩いたり屈んだり、普段の生活の動きの中で重要な働きを担っている腰が痛いのは辛いことです。
無意識の寝ているときでも、大事な腰をケアすることができたら良いですよね。

[厚生労働省]腰痛対策

「腰痛」とは疾患(病気)の名前ではなく、腰部を主とした痛みやはりなどの不快感といった症状の総称です。一般に座骨神経痛(ざこつ
しんけいつう)を代表とする下肢(脚)の症状を伴う場合も含みます。腰痛は誰もが経験しうる痛みです。

引用元:[厚生労働省]家内労働あんぜんサイト『腰痛対策』(PDF)

[腰痛]日本理学療法士協会

腰痛の原因が分かっている時は、痛くても無理に運動することはせず、安静. や医師の指示に従う必要があります。 しかし、その後に過度な安静や痛みへの不安を抱えてしまうと、腰痛慢性化. の原因になります。

引用元:[日本理学療法士協会]『腰痛』(PDF)

ここでは腰痛を改善するマットレス選びについて、ご紹介します。

腰痛マットレスとは?高反発マットレスのメリット

腰痛マットレスとは?高反発マットレスのメリット

寝ているときも腰への負担は掛かっています

腰痛マットレスとは、腰痛を軽減してくれるマットレスで、主に高反発マットレスであることが多いです。

寝起きに特に腰痛を感じるという人は、少なくありません。
寝起きに腰が固く強張っているような感じがして、立ち上がろうとすると痛みを感じる人も多いのではないでしょうか。
そういった場合は、使っているマットレスが自分の体に合っていないことが考えられます。

マットレスが柔らかく、寝るときに腰やお尻が深く沈み込んでしまう場合は、腰痛にもなりやすくなります。
人間は1日の約3分の1を睡眠に費やしているため、睡眠時の姿勢はとても重要なのです。
腰痛マットレスを使用することで、睡眠時の腰痛トラブルを緩和できるメリットがあります。

高反発マットレスがもたらすメリットとは

腰痛マットレスとは、腰痛を緩和してくれるマットレスです。
しかし、なぜ腰痛マットレスには高反発マットレスが好ましいのでしょうか。

それは、人間は立っている状態の背骨がS字になっている姿勢が最も腰や背中に負荷が掛からないと言われています。
そして、高反発マットレスの高い反発力によって、体の一部分が過度に沈み込むことがなく、均等に体重を支えてくれるため、負担の少ない理想的な睡眠姿勢を保てるからなのです。

また、高い反発力は寝返りを打つときのサポートにもなり、寝返りが極端に減ってしまうことを防ぐというメリットもあります。
寝返りは血液などが体の下側に滞ってしまわないよう、循環させるために行われています。
そのため寝返りが少なくなるということは、体にとって悪影響なことなのです。

腰痛マットレスは様々な家庭にオススメ

睡眠は人間の営みの中で重要な役割を持っているため、どのような姿勢で寝るかは健康と非常に密接な関係で繋がっています。

腰痛マットレスを使用することで、腰痛や肩こり、背中の痛みなどを緩和することができるかもしれません。
腰痛マットレスは高反発であるため、へたりにくく長持ちしやすいというメリットもあります。

また、高反発のマットレスは温度による反発力の変化がしづらいため、夏から冬にかけてどんな季節でも快適に使用することができます。
上質な腰痛マットレスを1つ買えば、季節を問わず長く重宝することができるでしょう。

出産後は骨盤が元の位置に戻りきっていないため腰痛のトラブルも多くなりがちですが、そんな女性にも腰痛マットレスはオススメできます。

当サイトおすすめの腰痛マットレス|価格・保証・特徴を比較

腰痛の原因・対策には様々な種類が存在します。
自分でできる腰痛の改善方法としては、寝ながら腰痛対策のできる腰痛マットレスがおすすめです。

しかしどのマットレスでも腰痛対策の効果が見込めるわけではありません。
こちらでは当サイトおすすめの腰痛マットレスの比較表をご紹介します。

腰痛でお悩みの方はぜひ参考になさってください。

商品名価格保証一押しポイント
モットン39,800円90日自然な寝返りをサポート。日本人の体形に合わせて設計された腰痛対策マットレス
エアツリーマットレス29,800円1年独自のカッティング技術によって睡眠の不安を解消する「マットレスを超えるマットレス」
雲のやすらぎプレミアム39,800円100日第三者機関での試験で高い耐久性が証明されているマットレス
マニフレックス39,204円12年高反発でも硬すぎない。夏は涼しく、冬は暖かく、寝心地と通気性に優れているマットレス
トゥルースリーパー24,620円60日弾力性・復元力に優れた低反発マットレス

適切な睡眠と腰痛マットレス

適切な睡眠と腰痛マットレス

なぜ睡眠は重要なのか!

人は当たり前のように眠気がきて、誰に言われるまでもなく睡眠をするので、ついその重要性を見失いがちです。
ただ、睡眠不足の先に待っているのは、死であることに間違いありません。

睡眠は脳や体を休ませる非常に大切な時間で、それが少なくなればダメージが蓄積されていくことになります。

適切な睡眠時間は人によって異なりますが、7時間程度の睡眠時間が一般的に好ましいとされています。
7時間というのは1日の約3分の1なので、意識していなくても体は睡眠の重要性を理解しているのです。
もしそんな重要な睡眠が、外部環境の悪さによって阻害されるのであればもったいないことです。

腰が痛いのであれば腰痛マットレスを使用したり、騒音が気になるのであれば耳栓をするなどあらゆる策を講じて安眠を追い求めたいです。

理想的な睡眠姿勢は?

理想的な睡眠姿勢は、仰向けです。
一番自然な寝姿勢であり、骨などへの負担が少ないので多くの方が自然と仰向けで寝ています。
子どもの頃からずっと仰向けで寝ている場合は、そのまま変わることなく継続すれば問題ありません。

ただ、寝姿勢は非常に個人差があり、横向きやうつ伏せでないと眠れないという方もいます。
うつ伏せは心臓を圧迫する危険な眠り方なので、なるべく最初からうつぶせになるのは避けたいです。

横向きも骨格の歪みを引き起こす可能性がありますが、腸や心臓の働きを助けるというメリットもあります。

腰痛マットレスを使うと、多少無理な姿勢で寝ても、マットがサポートしてくれるので、背骨などを守ってくれます。
起きた時に腰が痛くて動けない時がある場合は、寝姿勢が悪くて相当負担がかかっている証拠です。
痛みで睡眠が中断される可能性もあるので、積極的に腰痛マットレスを活用したいものです。

理想的な寝返り回数

人は無意識のうちに寝返りしますが、それは人間の本能でもあります。
ずっと同じ姿勢だとその部分の血液やリンパの流れが滞るので、適度に動いて流してあげる必要があります。

よく介護の現場では床ずれの問題が生じますが、これは要介護者が自力で寝返りできないことによる現象です。
ひどくなると最悪その部分が壊死するので、寝返りを甘く見ることはできません。

理想的な寝返りは1時間に1回くらいとされているので、定点カメラなどを設置して調べてみるとよく分かります。
多すぎると快眠できていないという証拠になるので、ポジティブに捉えることはできません。

腰痛マットレスを使っていると、無意識に変な寝姿勢になってしまったとしても、骨格の歪みを防いでくれるので便利です。
商品によっては柔らかく体を包んでくれるようなマットもあるので、体にかかる負担も少なくなります。

手軽に改善できる腰痛に適切なマットレス選び

腰痛対策マットレスの選び方

姿勢の矯正が痛みを撃退

長時間イスに座れなかったり、不具合を感じている方の悩みを解決に導く腰痛マットレスをご紹介します。

特に、事務作業やオフィスで長時間椅子に座らざる負えない人が抱える悩みとなっており、腰痛を改善することで仕事効率が上がり、日々を有意義なものにします。
椅子に座ることで腰痛を引き起こす場合は、姿勢の悪さが原因の一つとなっています。
前かがみになったり、背もたれに寄りかかることで、姿勢が悪化し、腰へ負担がかかります。

そこで、骨盤矯正の効果をもたらすクッションを使用することで、痛みを軽減することが可能です。
低反発の形が整ったものや、腰にあてるタイプのマットレスと様々な種類があり、自分に合ったものを選択することで日々の悩みとおさらばです。
また、寝具タイプのマットレスと比較してお手頃価格で購入できるため、気軽に試すことができます。

自分の身体的特徴にマッチしたマットレス選び

一言に腰痛マットレスといっても様々で、多くのメーカーがそれぞれ特徴あるマットレスを販売しています。
腰痛の悩みを解消に導くには、自身の状況に合ったマットレス選びが重要です。

まず最初に、腰痛で夜中に目が覚めたり、寝起きにひどく痛むという症状では体重に合ったマットレスを選ぶことが大切で、寝る姿勢を改善することがポイントです。

マットレスがへたっていたり、体重と合わない硬さのものを使用することで、体がこわばり固まります。
へたっている場合は買い替えが必要となってくるものの、そうでない場合は適切なマットレスを見極めなければなりません。

店舗によっては、寝て試すことができるものや、体重や身長などの身体的特徴から適したものを選んでくれるサービスを行っている場合もあります。
自身の体と相談しながら、使い心地が合うマットレスを選択しましょう。

あらゆる動作を楽にできるサポートウェア

慢性的な腰痛を持っていると、どうしても立つ動作を行う時に腰を庇ってしまいます。

しかし、庇う動作を行うことで、別の場所に余計な負荷がかかってしまい、新たな不具合を生む火種となりかねません。
分かってはいても、痛みを伴っている部分を自然に庇うのは、人間の本能です。
そんな悪循環から抜け出すには、腰をサポートしてくれるサポートウェアが最適です。

サポートウェアは、マットレスと同様に体の姿勢を整える効果を持っており、あらゆる動作をスムーズに行うことができる魔法のマントの様なものです。
しかも軽くて薄いものが多数販売されているので、外見ではサポートウェアを着けていることが分かりません。

さらに、腰を庇う動作をしなくなるため、筋力の低下も防げます
着ているだけで楽になるため、腰痛を感じることがありません。
全く腰を気にしなくなり、腰を庇うこともなくなります。

高反発の腰痛マットレスが人気の訳

高反発の腰痛マットレスが人気の訳

腰痛の原因とは

腰痛で悩む人は、年配者ばかりではなく若い人も例外ではありません。
腰痛の症状には、軽症から歩く事が困難と言う程の重症まで様々です。

腰痛は、次のようなことが原因で引き起こされることが多いとされています。

腰痛の原因として考えられること
  • 重い物を持ち運びする作業が多い職業や座った態勢が長時間続く事務職
  • 長距離の運転手
  • 普段から姿勢や生活習慣などで腰に負担をかける日々の積み重ね
つまり、誰もが知らない間に腰痛を引き起こす環境にいるとも言えます。
また、実は1日の疲れを癒すための大切な睡眠時でさえも、腰痛の原因に繋がっているのです。

睡眠時は、無意識に何回も寝返りしたりする事で、腰に負担をかけているものです。
そこで、最近では、良質の睡眠と腰痛防止の効果のために、睡眠時に使用する腰痛マットレスが人気を呼んでいます。
しかし、マットレスの選び方を間違えれば、逆効果になってしまう可能性もあります。

マットレスの選び方には個人差がある

腰痛マットレスには、睡眠時に理想の姿勢をキープする事で、腰の負担を軽減する効果があると言われています。

まず、マットレスは、押し返す力の反発力が最も重要とされています。
なかでも、高反発のマットレスは、理想の姿勢をキープするのに最適と言われています。

逆に、反発力が低いマットレスは、マットに体が沈み込む事で、柔らかくて包み込まれたような寝心地は格別です。
しかし、体を動かしにくく血の流れを悪くしたりし、腰痛、肩こりの原因になるものです。

ただ、高反発マットレスが良いと言っても、反発力が強すぎると硬くなり、寝心地も悪くります。
そして、肩から腰に体重の圧力が掛かりやすく、腰に負担をかけてしまいます。
しかし、反発力が弱いと体重の重い人は沈んでしまいます。

高反発マットレスでも、その反発力の度合いは様々で、個人の体重にあわせて選ぶ事が最も大切なポイントです。

高反発マットレスがさらに優れている訳

マットレスを選ぶ時のポイントとしては、耐久性に優れている事も見逃せません。
マットレスは、日々使用していれば、自然と体の重みで沈みがちになります。

また、通気性の点でも、睡眠時、無意識のうちに寝汗をかいています。
その場合、通気性が悪いと汗を吸収してしまい、マットレスがヘタリやすくなります。

つまり、耐久性と通気性に優れた点でも高反発マットレスが最適と言えます。
さらに、高反発マットレスの素材は、洗濯可能の物が多いので、いつも洗濯をして清潔感を保つ事も出来ます。

しかし、このように高反発マットレスは、メリットが多い反面、価格も高額になり、頻繁に買い替える事もできません。
そこで、一定期間使用して体に合わなければ、返金してもらえる返金制度のある所で購入することもポイントです。

ただ、腰痛においてマットレスは重要ではありますが、内臓の異常から引き起こす腰痛もありますので、一度専門の医師に診てもらう事も大切です。

マットレスの種類から見る選び方|高反発・低反発どちらが腰痛に良い?

マットレスの種類から見る選び方|高反発・低反発どちらが腰痛に良い?マットレスは睡眠時に身体を預けるものです。
それによって安眠できるのかどうかや質が高い眠りが取れるかどうかが決まってきます。

場合によっては身体の症状を改善・悪化する可能性もあります。
そのためマットレス選び方は重要です。

マットレスの種類によって特徴や相性の良い人が異なっているので注意が必要です

  • 低反発マットレス=柔らかい
  • 高反発マットレス=硬い

一般的にはこのような認識になるでしょう。
その中でも高反発マットレスは名前の通り反発力が強く硬いので、沈み込みが少なく、腰痛の人に向いていると言われています

低反発マットレスのメリットとデメリット

低反発マットレスは素材に低反発ウレタンを使用しています。
手のひらで押すと手の形通りに沈んで、手を離せばゆっくりと元に戻ります。

低反発マットレスのメリット
低反発マットレスは体が静かに沈みます。
体型に合わせて沈むので寝ている姿勢が安定します。
初めて体験する人は、包み込まれるような寝心地にビックリするくらいです。
低反発マットレスのデメリット

体が沈みすぎると、背中が丸まってきて腰を中心とした部分に体重が集中します。
長時間これが続くと腰痛の原因になります。

寝返りがうちづらいのも問題です。
また、耐久性が劣るので、体重のかかる腰や肩の部分が早くへたれてきてしまいます。

高反発マットレスのメリットとデメリット

高反発ウレタンや繊維系の素材を使用したマットレスです。
手で押すと弾力があり、戻す手と一緒に復元します。

高反発マットレスのメリット
体が沈みすぎないので背骨が自然な形(S字型)に保たれます
寝返りが打ちやすいのも、同じ姿勢を続けていられない腰痛持ちにとってはメリットです。
高反発マットレスのデメリット
安価な製品には硬すぎる物が多く、そういった製品で寝ているとマットに接している肩と腰に大きな負担がかかります。
肩と腰でS字になった背骨がまっすぐになって背中にも痛みが走ります。

高反発・低反発のメリットとデメリットをまとめました。
しかし弾力のある低反発や柔らかめの高反発も存在するため、やはり体感する「寝心地」が一番大切になってきます
寝ている間に負担のかかりやすい首、肩、腰、お尻の重さをマットレスがどう受け止めてくれるかがポイントとなります。

選び方としては安いものの場合は粗悪品が多いといわれています。
最低でも3万円以上するものの中から選ぶようにすることがポイントでしょう。

腰痛マットレスに最適な密度とは?通気性と保温性、耐久力

腰痛マットレスに最適な密度とは?通気性と保温性、耐久力夏は涼しく、冬は暖かく寝たい、気持ちのいい寝心地の布団をずーっと使っていたい・・・。
心地よい睡眠にはマットレスに使われている素材の密度が大きく関係してきます。

密度の高い素材

低反発マットレスの素材は「低反発ウレタン」です。
低反発ウレタンは密度が高く、ゆっくりと体が沈み込み体を包み込む独特の寝心地を産んでいます。

密度が高いウレタンは寝心地はいいのですが、復元力が弱くなり、体重がかかり続ける部分のヘタレが早く進んでしまいます
気孔の目が詰んでいるので通気性も悪くなります。

密度の低い素材

高反発マットレスには、密度の低い「高反発ウレタン」や「繊維系の素材」が使われているので通気性がよく夏場は快適です。
しかし、あまり密度が低いとスカスカになり、気温の低いときはスースーとして寒さを感じてしまうこともあります。

すると冷えは腰や肩の痛みに繋がります。
密度の低い素材は気孔がつぶれやすく、薄いマットレスは短い期間で反発力を失ってしまいます

腰痛マットレスの選び方|適度な密度の素材を使ったものを選ぶ

腰痛マットレスの選び方高機能の腰痛マットレスを販売しているメーカーは、

  • 高い通気性と保温性
  • 快適な寝心地
  • 高い耐久力

を実現するために、独自に開発した素材を使い、さらにそれらを組み合わせることで両立しにくい条件をクリアしています。
腰痛マットレスを選ぶとき、低反発だから、高反発だからという理由だけで「快適な寝心地」をうたっているものは避けた方が無難です。

製品の機能を、マットレス素材の密度を現す数値(見掛け密度)で現したり、耐久性を第三者機関の試験結果を使って目に見える形で示している製品を選びましょう

体重によって変わる?自分にピッタリの腰痛マットレス

体重によって変わる?自分にピッタリの腰痛マットレス横になってすぐの寝心地がよくても、6~8時間就寝している間に自分の体重で体がマットレスに沈んでいきます。
沈みすぎても沈まなすぎても姿勢が崩れて、腰などに負担がかかってきます。
マットレスの選び方として体重はひとつの基準になります

軽めの体重の人にあったマットレス

ここでは軽めの体重とは50kg位までの人のことを指します。
マットレスに負担をかけないので低反発マットレスでも大丈夫です。

あまり体が沈み込まないので朝まで正しい姿勢で眠ることができます。
高機能高反発マットレスは、面ではなく点で体を支えます。

体重に合わせて支点を保つことができ、通気性も充分なので、汗をかきやすい人や硬めの寝心地が好きな人にも対応します。

重めの体重の人にあったマットレス

ここでは60kg~の体重の人を基準にします。
重めの体重の人は、低反発マットレスでは体が沈みすぎてしまいます

体重の重い方は汗をかきやすいので通気性の面でも素材の密度が高い低反発マットレスは問題があります。
マットレス自体にかかる負担も大きくなるので耐久性に劣る腰痛マットレスは経済的にもあまりおすすめできません。

腰痛マットレスの製造国で違う品質と特徴

腰痛マットレスの製造国で違う品質と特徴マットレスの主な製造国は欧米、中国・東南アジア、日本です。
信頼のおける日本のメーカーであれば海外で生産された製品と国内で生産されたものとで、大きな品質の差はありません。

しかし、ネットや通販で取引されている製品の中には販売元が日本というだけで、製造は全て海外で行われ、国内からのディレクションがなされていないものも多くあります。
そのようなマットレスは品質に不安があるため、メーカーや製造国には注意が必要です。

欧米製マットレスの特徴

通気性よりも保温性を重視した製品が多いのが特徴です。
伝統のあるメーカーのものは信頼できる品質です。

しかし欧米人規格ですからサイズも大きく、体重も重い方が想定されているため日本人にはマッチしないものもあります。
ブランドものは高価な価格に輸送コストがプラスされます。

中国・東南アジア製マットレスの特徴

価格が安いのが一番の特徴です。
日本の有名メーカーが発注生産管理しているものは品質にもあまり心配はいらないでしょう。

しかし現地の会社が製造したものを日本の販売店が、ネットや通販、ディスカウントショップで販売しているものの中にはかなり品質の劣るものがあるので注意が必です。

日本製マットレスの特徴

四季による気候の変化が大きい日本で求められるのは通気性と保温性です。
日本のメーカーが発注したものであれば、どの国で生産されていても日本の気候に配慮した製品になっているはずです。

しかし、国内製造の方が作りながら実証実験ができるので品質を向上させるのに有利です。
国内に生産ラインを持っているメーカーは原材料選びから縫製、出荷まで一貫して行っているので品質も高く、アフターケア体制も整っています

腰痛マットレスのコストパフォーマンスの要|忘れてはいけない耐久性

腰痛マットレスのコストパフォーマンスの要|忘れてはいけない耐久性腰痛マットレスを選ぶとき、寝心地は最も大切です。
しかし毎日使うものですから耐久性も重要ポイントです。

寝心地だけに絞って選んでしまうと、ものによっては耐久性の低さのため1年ほどでへたってしまうというケースもあります。
購入の際、「耐久性」は「寝心地」と同じくらい重要なポイントです

毎日使うものなので耐久性にこそ重点を置く

腰痛マットレスは多機能です。
柔らかな寝心地を保ちつつ、姿勢が崩れないように支える機能や通気性と保温性の良さを同時に実現するなど、通常のマットレスにはない特徴があります。

しかし、これらの機能を長期間にわたって保つのは容易なことではありません。
毎日の使用に耐え、高機能を長期にわたって保つ耐久性がマット選びの重要なポイントです。

腰痛マットレスは購入後に返品・交換・返金保障があるメーカーのものを選ぶのがおすすめ

自分にピッタリの腰痛マットレスを見つければ腰痛対策として大きな効果を期待できます。
しかし自分に合っているかどうかは何日か寝てみないとわかりません

信頼のおけるメーカーは、自社製品に自信を持っているので、購入後、数日間の返品・交換・返金保証期間を設けています
腰痛マットレスで後悔しないためには、硬さや通気性、耐久力を検討した上で、その機能が自分に合っているかどうか、たっぷりのお試し期間を用意してくれているメーカーの製品を選ぶべきです

腰痛から解放してくれる!腰痛マットレス「モットン」

「モットン」腰痛から解放してくれる!腰痛マットレス

モットンはプロ野球選手や柔道整復師のお墨付きの「腰痛対策マットレス」

「朝起きた時に腰に違和感を感じる」「長時間同じ姿勢を続けていると腰が痛くなってしまう」と感じたことはありませんか?
年齢を問わず、腰痛に悩む人は多いです。
運動しても、マッサージや整体に通っても腰痛が治らないという人は、もしかしたら睡眠中の環境が腰痛を悪化させているのかもしれません。

腰痛に悩む人のために開発された腰痛マットレスの「モットン」なら腰痛の痛みを和らげることができます。

32年もの間、中日ドラゴンズで活躍してきた元プロ野球選手の山本昌さんは、「モットン」を使い始めてから、寝返りをした記憶がないほど熟睡できていて、しかも次の日も快適に過ごせているとのことです。
また、TBS系情報番組「あさチャン!」など、テレビや雑誌でおなじみの柔道整復師の小林敬和先生も「モットン」をオススメしています。

腰痛対策で高い効果を発揮する3つのポイント

腰痛マットレス「モットン」が腰痛に効果的な理由は、大きく分けて3つあります。

■高い反発力で自然な寝返りをサポート
日本人は欧米人に比べて筋力が弱いため、高反発をうたっているマットレスの場合でも、反発力が不足してしまうのです。

■腰への負担を可能な限り軽減
マットレスが硬すぎる場合、腰だけでなく胸や肩にも負担がかかってしまい、筋肉を休ませることができません。
反対に柔らかすぎると、反発力の不足で体をきちんと支えることができません。
「モットン」なら体を均等に持ち上げて、体圧を分散させることができるのです。

■優れた耐久性(8万回の耐久テストにも耐えられる)
どんなに優れたマットレスでも、その効果を持続できなかれば意味がありません。
一般的には敷布団の寿命は約5年と言われていますが、「モットン」の場合はその3倍の耐久性を誇るテスト結果を打ち出しています。

お試しキャンペーン利用で賢くトライ

実際に「モットン」を使用した人へのアンケート結果によると、1年以上腰痛で悩んでいた100人のうち、約94%の人が使用開始15日目頃から少しずつ腰の痛みが気にならなくなり、30日が経過した頃には腰痛が軽くなったと回答しています。
しかし、マットレスを変えるだけで本当に腰痛が改善されるのか、簡単には信じられない方もいらっしゃるでしょう。

アンケートの結果を見ると、効果を実感できるまで約2週間〜1カ月はかかるようなので、効果をその場で実感できないのが難点です。
そんな時は使用後でも、交換・返金保証が付いているキャンペーンを利用して購入してみましょう。

「90日間返金保証キャンペーン」では、商品到着からまるまる90日間かけて「モットン」の効果を体感することができます。
90日経過後の保証期間14日の間なら、返品が可能です。

これまで何をやっても腰痛が改善されないと悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

▼自然な寝返りをサポートする【高反発マットレスモットン】▼ 高反発マットレスモットン高反発マットレスモットン >>高反発マットレスモットンの詳細はこちら<<

▼おすすめ腰痛マットレスを確認したい時はこちらから▼

❏こちらの記事も人気があります

1

自然な寝返りをサポートすることで、腰への負担を軽減することができます。 理想的な根姿勢をキープするためには、「反発力」や「体圧分散」が重要になります。 その他、「耐久性」や「通気性」、「好みの硬さ」、 ...

腰痛マットレス モットンのメリット 2

「1日24時間じゃ、時間が足りない!」と考えながら過ごしている人でも、1日の3分の1は布団の中で過ごしています。 平均寿命が80歳を超える日本では、なんと28年以上の時間を“寝る”時間に使っていること ...

雲のやすらぎプレミアム 3

今、注目を集めている高反発マットレス。 各社が新製品開発にしのぎを削る中、腰痛マットレスとして一歩抜きん出ているのが『雲のやすらぎプレミアム』です。 楽天市場でも売り上げ1位を獲得したその魅力をひもと ...

13層やすらぎマットレスの腰痛への効果に驚いた体験談 4

私はいつも畳の上にマットレスと布団を敷いて寝ていました。 しかし、ある日首から肩にかけて激痛が走るようになりました。 湿布を貼って仕事に行くのですが、次第に腰痛も出てくるようになりました。 首から肩に ...

更新日:

Copyright© マットレス館|腰痛マットレスおすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.